仕事内容

登録販売者の仕事内容について紹介します。

登録販売者の仕事内容とは、主に第2類、第3類医薬品を販売することにあります。ですが、販売だけすれば良いというわけではありません。医薬品を購入するお客さんへの情報提供はもちろん、相談がある場合の対応もとても大事になってくるのです。登録販売者たるもの、購入者の視点に立つこと、それに対して適切なアドバイスをすることが大いに求められているのです。

それでは、薬剤師と登録販売者はどのように違うのでしょう。薬剤師は処方箋による薬の調剤が可能となっていますが、登録販売者は出来ません。また、薬剤師は一般医薬品の第1類の販売が可能なのですが、登録販売者は販売が出来ません。登録販売者は、薬剤師と比較したときに、販売と調剤業務に関しての制限はありますが、登録販売者も重要な存在であることに変わりはありませんし、注目されていることは間違いありません。

主な働き場所は、医薬品販売を行うところとして、コンビニ、スーパー、ホームセンター、漢方薬局があります。また、知識を生かして働くことが出来る場所としては、製薬会社の営業や医薬品の通信販売、エステサロン、介護サービス事業などといったものになります。