登録販売者とは

登録販売者という名前の資格を聞いたことがあるでしょうか。これは、一般用の医薬品販売の専門資格のことを言います。2009年に誕生した資格で、風邪薬、鎮痛剤と言ったような一般医薬品を販売するための専門資格です。第2類、第3類に限るものですが、薬剤師が不在でも一般医薬品の販売が可能です。

登録販売者の資格を取得するためには、年1回実施される試験を受けて合格する必要があります。このときには、実務経験、受講必須科目、さらには年齢制限などの資格は必要ありません。誰でも受験できるということもありますから、目指しやすい資格と言っても良いです。受験者は2016年現在で5万人を超えたこともあって、さらに増加傾向にあります。ニーズが高いこともあって、さらに受験者が増えることが予想されます。

日本では、自分の健康は自分で保つことが求められてきているところがあるのです。また、セルフメディケーションを推進しているという背景もあって、医薬品に関してのリスク管理が重要視されています。だからこそ、登録販売者は重視されている傾向があります。

登録販売者は、医薬品の専門家ということで、認められた国家資格となっていますから、社会的な信頼性も十分ありますし、就職・転職に対しても十分に使うことが出来る資格となっています。また、様々な場所での活躍が期待できる資格となっており、職場の選択範囲も十分なものがあります。このサイトでは、こうした登録販売者について紹介します。


【管理人推奨サイト~登録販売者の仕事~】
登録販売者の資格を持っていれば、将来専門的な仕事に就けるでしょう。登録販売者の求人を探すときはこちらのサイトが便利です